メール サイトマップ



天気情報



GISMETEO: Погода по г.Хабаровск

GISMETEO: Погода по г.Москва

GISMETEO: Погода по г.Токио



対ルーブルの外貨両替レート


ニュース


21.08.2017 ロシアの国旗の日を迎えて


ロシア連邦では8月22日、ロシアの国旗(三色旗)の日が祝われます。この日を迎えてロシア各地で州政府系の集会をはじめ様々な祝賀行事が開催されます。ハバロフスク州各地では絵画・写真展示会、コンクールや祝賀コンサートやバイシクル・レースを行い、何万人もの州民が参加すると見込まれています。   ロシア連邦の国旗は、白、青、赤の横三色旗で、白は高貴と率直、青は誠実さと純潔さ、赤は愛と勇気を象徴しています。この国旗はピョートル大帝時代の18世紀の末(1699年)にさかのぼり、長年帝政ロシアのものでした。1917年(大正6年)にボリシェヴィキ独裁政権が樹立されると、「鎌と槌の赤旗」の国旗が誕生しました。しかし、1991年(平成3年)にソ連が崩壊し、1992年(平成4年)元日にロシア連邦が成立すると、「鎌と槌の赤旗」の国旗は廃止され、1993年(平成5年)に再び三色旗が復活しました。

リンク

ハバロフスクにおけるロシアの国旗の日祝い2015

リンク