メール サイトマップ



天気情報



GISMETEO: Погода по г.Хабаровск

GISMETEO: Погода по г.Москва

GISMETEO: Погода по г.Токио



対ルーブルの外貨両替レート


ニュース


20.11.2017 11月17日、アエロフロートは、モスクワ・ハバロフスク間の定期線就航22周年を迎えて


1995年11月17日、ロシア最大の航空会社であるアエロフロートはモスクワ-ハバロフスク線再運航22周年を祝います。アエロフロートは1959年4月、当時の世界最大級の飛行機ツポレフTu-114型機(ターボプロップ機、約170人乗り)でモスクワ-(給油のためノボシビルスク経由)―ハバロフスク線を就航しました。1974年1月8日、イリューシンIL62M型機(約186人乗り)を用いて、モスクワ(ドモデーヴォ空港)-ハバロフスク線の直行便を開設しました。1991年、ソ連崩壊後、アエロフロートによるモスクワ-ハバロフスク間定期線が4年間以上運休になりました。1995年11月17日にアエロフロートはイリューシンIL62MK型機(195人乗り)を用いて、モスクワ(ドモデーヴォ空港)-ハバロフスク線に再運航しました。再運航以来本年11月までの間、22年間にわたり約8500機でおよそ200万人以上の旅客を輸送しました。現在アエロフロートは、モスクワ-ハバロフスク線を夏季1日2往復、冬季1日1往復運航。機材はボーイング777-300を運航しています。

 

リンク