メール サイトマップ



天気情報



GISMETEO: Погода по г.Хабаровск

GISMETEO: Погода по г.Москва

GISMETEO: Погода по г.Токио



対ルーブルの外貨両替レート


ニュース


21.11.2017 ハバロフスクの極東美術館において、手で触れることの出来る絵の展覧会開催


ハバロフスクにある極東美術館において、モスクワのプ-シキン美術館の支援を受けたユニークな展覧会が開催されました。視力が弱い市民達のための展示室でそうではない人も見ることができます。見るだけではなく、手でさわることの出来るのはもっと大事になるでしょう。ルネサンス期のイタリアのフィレンツェ生まれの画家サンドロ・ボッティチェッリ、ルネサンス期のドイツの画家ルーカス・クラナッハ、ロココ時代のフランスの画家ジャン・シメオン・シャルダン、スペイン生まれ、フランスで制作活動をした画家パブロ・ピカソ、フランスのポスト印象派の画家ゴーギャンなど触れることの出来るレプリカの作品が展示されています。

この移動展覧会はハバロフスク市が最後の町になるはずでした。しかし、市民たちの関心度が高いことを示しているので、最初の予定が変わって、ハバロフスクのあと、ウラジオストク市に移動する計画です。

いつ:12月12日まで。

どこ:極東美術館

いくら:無料

Link