メール サイトマップ



天気情報



GISMETEO: Погода по г.Хабаровск

GISMETEO: Погода по г.Москва

GISMETEO: Погода по г.Токио



対ルーブルの外貨両替レート


ニュース


09.10.2018 ハバロフスクにおける過去の出来事。初代駐ロシア公使榎本武揚海軍中将のシベリア・極東ロシア訪問について


140年前に榎本武揚海軍中将(元駐露特命全権大使)はシベリア横断旅行の際、ハバロフスクをはじめ極東ロシアを訪問しました。こういった歴史的な事実は、知らない人が多いのではないでしょうか。

1878年/明治11年9月22日(丁度140年前)、初代駐ロシア公使榎本武揚海軍中将はロシア公使の職を終えて馬車で66日間のシベリア横断旅行を行った際、ブラゴヴェシチンスクから客船でハバロフスクに到着しました。

榎本海軍中将は帝政ロシアの首都サンクトペテルブルグに駐在4年の後帰国に際して7月26日に汽車に乗って出発し、モスクワを経てシベリアへ向かいました。ニジニ・ノウゴロドまで鉄道で行った後、汽船と馬車を乗り継ぎ、ペルミ、エカテリンブルグ、トムスク、クラスノヤルスク、イルクーツク、バイカル湖東部のブリヤート地方、ザバイカル地方の諸都市キャクタ、チタ、スレチェンスクを訪問しました。汽船でシルカ川を下りアムール川に入りブラゴヴェシチンスク、ハバロフスク(旧名ハバロフカ)に航下し、ここからウスリー川を遡りハンカ湖に出て9月28日にカーメンルィボローフで馬車に乗り換え、ニコリスカヤ駅(現ウスリースク)、バラノフスカヤ駅、ラズドリナヤ駅を通過しまた。また船に乗り換えてスイフン河(綏芬河)を下り軍艦で9月29日にウラジオストクに 到着しました。ウラジオストクで3泊4日を過ごして10月2日に出帆し、小樽へ向かいました。北海道の旅を終えて10月19日に函館を出帆し、10月21日に横浜に入港しました。ロシアから帰国後、シベリアで見聞したことを『シベリヤ日記』に詳しく書きました。

コマ番号140 /233-247ページ 

リンク