メール サイトマップ



天気情報



GISMETEO: Погода по г.Хабаровск

GISMETEO: Погода по г.Москва

GISMETEO: Погода по г.Токио



対ルーブルの外貨両替レート


ニュース


13.04.2012 ハバロフスクにおいて3頭の児虎が生まれました


4月2日にハバロフスク動物園で、トラの赤ちゃんが3頭生まれました。父はバールハット(アジア東北部の落葉高木キハダの意味)、母はリーグマ、双方ともアムールトラ(シベリアトラ)です。まだ生まれてから11日ほどなので、性別が不明で、名前も付けられていません。今回、このアムールトラ同士のカップルに赤ちゃんが生まれたのは、2回目です。これらの児虎は、大きくなるとロシアの他の動物園へ移ることになるでしょう。2010年11月に同カップルに初めて生まれた1頭のトラ(男)は、アガート(瑪瑙)という名前がつけられ、中部ウラル地方の西側にある大都市ペルミ市の動物園へ移されました。(日本では、この間アムールトラに赤ちゃんが3頭生まれたのは、2010年6月であり、出産地は『京都岡崎動物園』です。)  

大型ネコ科動物アムールトラ(シベリアトラ)は、地球上で最も希少な野生動物とされ、極東ロシアの豊富な自然のシンボルといわれています。現在、極東ロシアの沿海州およびハバロフスク州には約400-450しか生息していません。

 

リンク 1

リンク 2