メール サイトマップ



天気情報



GISMETEO: Погода по г.Хабаровск

GISMETEO: Погода по г.Москва

GISMETEO: Погода по г.Токио



対ルーブルの外貨両替レート


ニュース


03.10.2012 中国東北撫遠県内陸と黒瞎子島を結ぶ黒瞎子島烏蘇里大橋の建設終了


極東ロシアの情報ニュース・サイトAmurMedia とPrimaMedia.によると、9月27日に中国東北部黒龍江省佳木斯市撫遠県内陸の烏蘇鎮と黒瞎子島の間を結ぶ自動車用斜張橋( 別名 “黒瞎子島烏蘇里大橋”)の工事が終了し、正式に交通運行が開始しました。全長は6,405m(うち、渡河橋の吊り橋の主橋長1,600m)で、設計速度は80km/h(片側2車線)、総投資額は5.5億元に及んでいます。黒瞎子島“烏蘇大橋”は中国・ロシアが共同管理する国境の島黒瞎子島のモデル開発区のプロジェクトの一つです。同橋は中国最東端に位置し、アムール川の分流撫遠水道(別名“通江”)を跨いで建設されました。ロシア・ハバロフスク州政府と中国政府が、中ロの国境にある大ウスリー島(中国名・黒瞎子〈ヘイシアツー(Heixiazi)〉島)の総合発展プロジェクト(2010~16年)を承認したのは、2011年1月で、商業・娯楽施設などを建設しています。中ロの国境画定作業最大の懸案だった同島は、2008年にロシアが中国側に島の西部分を引き渡し、双方が開発計画を進めています。中ロ双方から(2012年10月に中国側、2013年10月にロシア側が)大ウスリー島に橋をかけ、両国を陸路で結ぶ計画で、道路や税関施設などの建設が決まっています。同島の西部分を管轄する中国黒龍江省撫遠県とハバロフスクの間の交通手段は現在、水中翼船や小型客船しかなく、陸路の開通で交通・協力が大幅に拡大すると見込まれています。

 

リンク1

リンク2

リンク3

リンク4