メール サイトマップ



天気情報



GISMETEO: Погода по г.Хабаровск

GISMETEO: Погода по г.Москва

GISMETEO: Погода по г.Токио



対ルーブルの外貨両替レート


ニュース


14.04.2016 ロ シアのヤクーティア航空は、4月12日よりハバロフスク・撫遠線のチャーター初便の就航


 

ロシアの国営通信社タス通信 によると、ロ シアのヤクーティア航空(ヤクーツク航空)は、今年4月12日よりハバロフスク空港からハバロフスク撫遠線のチャーター便の就航を開始しました。使用機材はスホーイ・スーパージェット100(Sukhoi Superjet 100)/別名:RRJ-95B  (Russian Regional Jet)となっています

ソコロフ・ハバロフスク市長をはじめハバロフスクの旅行業者などあわせて乗客乗員91名を乗せたヤクーティア航空SYL R3 9887( RRJ-95B)は、12時54分 (モスクワ時間05:54)ハバロフスク空港から離陸し, 約14時00分 (モスクワ時間07:00)撫遠空港に無事着陸しました。フライト時間は約1時間でした。420日までにハバロフスク/撫遠間で5往復の訪中チャーターを実施する予定です。

撫遠空港 (中国名:抚远极机IATAコードFYJ、ICAOコードZYFY)は町から約19キロのところにあり、2014年5月に正式開港しました。中国の最東端に位置する撫遠空港は黒龍江省の10地級空港の一つであり、ロ中国境地帯に位置しています。現在、中国国内線にはハルビンのほか、ジャムス(佳木斯市)、北京、上海への4直行便の運航が実施されています。国際フライトはハバロフスクのみとなっています。

ハバロフスクからの初便は2015年8月28日に計画されましたが、飛行ルートに必要な書類などの準備作業が予定より遅れたために初飛行を8ヶ月延長せざるを得なくなりました。

 

Link 1

 

Link 2