メール サイトマップ



天気情報



GISMETEO: Погода по г.Хабаровск

GISMETEO: Погода по г.Москва

GISMETEO: Погода по г.Токио



対ルーブルの外貨両替レート


ニュース


16.08.2016 ハバロフスク州におけるナナイ族のフェスティバル開催について


7月23日、ハバロフスク州アムールスキー地区アチャン村において、北方少数民族のひとつであるナナイ族の第20回フェスティバルが開催されました。人口約500人を持つアチャン村(座標:北緯49°53′23″、東経136°37′10″)は、ハバロフスクから北東に直線距離で約200キロ、高速道路では約485キロ離れたところにあります。17世紀(1651年、丁度365年前)にロシアの年代記に初めて登場し、比較的歴史の深い村です。

アムールのコウノトリと呼ばれるこのフェスティバルの参加者は、ナナイ人の重要な聖地といわれるボロニ湖の訪問から開始し、湖のほとりで『その所有者や精神にご飯を食べさせる』という儀式を行ないました。ついで、フェスティバルの開会式が行なわれた後、先住民アンサンブルによる伝統的な民族舞踊や民謡のコンサー ト、民族スポーツのゲームやコンペティーション競争などを含むスポーツ競技会及び住居作りや民芸品作りのマスタクラス、民族衣装を紹介するファッションショーなどが 行なわれました。大勢集まった人達は、ナナイ民族料理も楽しめました。

参加者の中には、アチャン村周辺だけではなく、ハバロフスク、サハ共和国(ヤクーチア)、ノルウェイから来場した人もいました。

ハバロフスク州には現在、8つの主要な先住民族が住んでおり、人口は2万2千人以上です。これはナナイ族(人口は11009人)、エベンキ族(4550人)、ウリチ人(2621人)、ニヴフ族(2149人)、エベン族(575人)、ウデゲ族(620人)、ニゲダール族(480人)、オロチ族(441人)です。

 

Link 1

Link 2

Link 3