メール サイトマップ



天気情報



GISMETEO: Погода по г.Хабаровск

GISMETEO: Погода по г.Москва

GISMETEO: Погода по г.Токио



対ルーブルの外貨両替レート


ニュース


10.10.2016 アムール鉄橋の架橋100周年を迎えて


2016年10月18日にハバロフスク近郊にあるアムール鉄橋(アムール川大鉄橋)は架橋100周年を迎えます。これに当り7日にアムール鉄橋歴史博物館で記念行事が開催され、その式典にはハバロフスク州やユダヤ人自治州の2州政府およびハバロフスク市の代表者が参加しました。

全長約2600m、高さ64mに及ぶアムール鉄橋は、ハバロフスク中央駅の西方約8kmに離れた場所にあります。1916年10月18日(ロシア旧暦10月5日)に、アムール川に最初の鉄橋が架けられ、シベリア横断鉄道は全通しました。国内戦争の1920年4月5日、赤軍(過激派)によりアムール橋の径間2ヶ所爆破され、5年ほど鉄橋での移動が不可能となりました。内戦後、爆破された橋桁が復旧されると共に1925年3月22日、鉄道全線で運転が再開されました。1992年に再建工事が始まり、1999年10月1日に再び完成祝典が行われました。旧橋は新しく姿を変えてしまいました。アムールの奇跡と呼ばれるこの鉄橋は現在、下の方が鉄道橋として使用され、上の方は自動車橋になっています。2005年11月より、アムール川を架かるシベリア横断鉄道最大のアムール鉄橋の第二期工事(旧橋の撤去工事に着手し、ほぼ4年間で終了しました。2009年11月7日にグランドオープン式典が盛大に開催されました。                                    

危険な戦争挑国と見なしたスターリンは、列車防護措置をとることを目的として独ソ戦争開始直前の1941年、川底を通る全長7kmのハバロフスク付近アムール川底トンネルが掘られ、鉄道用トンネルとして利用されてきました。近い将来、その修理工事が行われる予定です。

日本標準時の基準となる東経135度子午線は、アムール鉄橋を通っています。

出典: フリー百科事典『ヴィキペディア(Wikipedia)』など

 

リンク1