メール サイトマップ



天気情報



GISMETEO: Погода по г.Хабаровск

GISMETEO: Погода по г.Москва

GISMETEO: Погода по г.Токио



対ルーブルの外貨両替レート


ニュース


09.06.2017 6月12日、ロシア独立記念日祝い


6月12日にロシア全国では独立記念日(ロシア語でДень России)が祝われます。独立記念日(建国記念日)は1992年6月12日から祝う、ロシアの最も短い歴史を持つ記念日です。ソ連・東欧社会主義圏の解体後、1991年6月12日にロシアは ソビエト連邦からの独立を宣言し、独立の国家となりました。当初はロシア連邦国家主権採択の日と呼ばれていましたが、1998年に当時のエリツィン大統領によって新しいロシア連邦形成の日として改称されました。今世紀10年代の初めごろから、最もロシア人の愛国心をあらわすこの祝日はソ連邦からのロシア独立記念日として大々的に祝われています。

この日にロシア各地では祝賀行進や集会や各種コンサートなど様々な祝賀行事が開催される予定です。グベール二ア通信(Gubernia.com)によると、ハバロフスクでは独立記念日にあたり、多くの祝賀行事が行われます。「軍事栄光の都」広場では執行官のやりがいと宣誓を服用するセレモニーが開催されます。  そのほか愛国教育センターに学生達はパスポートを与えられ、コンサートが行われる予定です。さらに、中心街では愛国フラッシュモブが開催されます。そして午後10時30分、人工池のところにレーザーショーが開催されます。    

リンク