メール サイトマップ



天気情報



GISMETEO: Погода по г.Хабаровск

GISMETEO: Погода по г.Москва

GISMETEO: Погода по г.Токио



対ルーブルの外貨両替レート


ニュース


少数民族ナナイ人のシカチアリャン村訪問


ハバロフスクから北東70キロ、アムール川沿いの小高い岸には少数民族ナナイ人のシカチアリャン村があります。現在、村の人口は約800人です。その近くの川岸には大きな岩が所々にあります。岩には新石器時代の初期のものと思われるかなり有名な岩石画が描かれています。黒々とした岩には動物や鳥や人の顔その他の模様が刻み込まれています。ここには、まだ意味が解明されていない模様、様々な岩石画が約300点、点在しています。この遺跡は考古学に関心を持つ方々にとってきわめて興味深い場所です。このシカチアリャンの遺跡群を最初に日本に紹介したのは、80年ほど前、この地を訪れた民俗学者の鳥居龍蔵です。村の近くには、ナナイ人の生活を紹介する、ベルカムВЭЛКОМと呼ばれる屋外民俗博物館があり、その構内には日本の竪穴式住居のような家屋の模型や、19世紀の原住民の家屋の模型等が展示されています。

Aコース

所要時間5時間

古代岩石画(岩絵)の見学。中学校の小博物館見学。日本語ガイド付き。


Bコース

所要時間5時間。

古代岩石画岩絵の見学。中学校の小博物館見学。昼食は村内レストランにてロシア料理。日本語ガイド付き。


Cコース:

所要時間6時間

古代岩石画岩絵の見学。中学校の小博物館見学。ナナイ民族舞踊と歌のコンサート。昼食は市内レストランにてロシア料理。日本語ガイド付き。



ナナイ人
ナナイ人は古くからアムール川とその支流ウスリー川(烏蘇里江)や中国のスンガリー川(松花江)の合流する地域に住んでいます。人口約1万2千人に及ぶ「ナナイ」という民族は伝統的には漁業を生業の基礎にしてきたツングース系の北方少数民族です。ナナイ族は、川からとれる魚を食料にするばかりではなく、魚の皮は靴や衣服をつくるるために巧みに活用しています。シャーマニズムを信仰するナナイ人は熊に対する信仰も重視し、とりわけ小熊を一定期間飼育し、その霊を山の神のもとに返す『熊送り儀礼』を年に一回行っています。シャーマニズムやクマ送りの儀礼、口琴など、アイヌ文化との共通点が多いです。ナナイ人に人種的に最も近い民族は、中国最東端の同江市、撫遠、饒河付近に暮らしている民族ホジェン族です。その人口は約4500人余りと中国の少数民族の中では際立って少ないです。
少数民族ナナイ人のシカチアリャン村訪問少数民族ナナイ人のシカチアリャン村訪問